サービスエリアの給水所

画像


サービスエリアの給水所                
 
昨日、日照市の知人のお宅へ家族4人で遊びに行きました。
日照市は青島市の西側に位置したお隣の市で、ここは鉄鉱
石関連の地元産業が盛んで、海外取引も日照市にある港か
ら直接輸出しているため財政豊かな港湾都市だそうです。
(私の中国語の理解ではそのように解釈しました。)
 
青島市から日照市へは高速道路を利用して行きました。
 
朝6時に出発したせいもあって、車が少なく、交通事故もなか
ったので渋滞は一切なくおおむね2時間くらいで到着しました。
 
写真は、高速道路のサービスエリアで撮った給水所の写真
です。
水とお湯が無料で提供されています。
 
中国の人々は、誰もがいつでもマイカップ(水筒)を持ち歩き
ます。
仕事、学校、旅行など、どこへ行くにもマイカップ(水筒)を持
って行き、行く先々の給水所で給水、給湯します。
 
昨日は、給水とカップ麺への給湯の人がたくさんいました。
 
みんなレストランには入らないで、朝食はカップ麺で済ませて
いるようでした。
 
実はこの光景は、空港の登場ロビーでも見かけます。
 
中国の空港の登場ロビーには、どこでも必ず給水所があり水
とお湯が無料で供給されていますが、やはりカップ麺に給湯
し登場ロビーのベンチで食事している人が結構います。。
 
我が家では、子供がまだ授乳期の頃に帰国する時、登場ロビ
ーの給水所のお湯で子供のミルクを作った思い出があります。
 
乳児を連れて飛行機に乗る時、お湯を手に入れるのは簡単で
はないので、中国の空港の給水・給湯サービスはとてもありが
たく、長男も次男もお世話になりました。

サービスエリアで給水所を見て、なんだか懐かしい思い出が
蘇りました。

 
ちなみに、
行きは2時間くらいで到着しましたが、帰りの高速道路は渋滞
に次ぐ渋滞で、帰宅まで約6時間かかりました。

 
 
EC-Chinaです。
ネット販売は「無在庫販売」をお薦めします。
更に只今、「詳細検品」無料サービス期間中です。

無在庫販売は主婦の方や学生さんが、元手をかけずにで
きるネット販売の新しいビジネスモデルです。

EC-Chinaのエキスパートが「無在庫販売」をサポートし
ます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック